2017年9月30日土曜日

できるだけ後悔しないお金の使い方

一番大切なのは「自分に今足りないモノは何なのか」を常に把握しておく事です。たとえば洋服であれば、何色のどういうタイプの服を何枚もっているか頭の中に入れておくこと。かなりざっくりは判っていても、「じゃあ何色を何枚?」と聞かれると完璧に即答できる方はそれ程いないのではないかと思います。具体的にどうするか。大まかに言えば2つあります。

1つは、物理的に減らす事。冷静に考えて下さい、カラダは1つしか無いのです。夏服合わせても、トップス15、ボトムス5、アウター3くらいあれば余裕で着まわし出来るはずです。(上記はちょっと余裕を持たせた数です。これでも多い!という方もいるかも知れません)

もうひとつは、アルバムを作る事。手持ちの服を1枚ずつ写真に撮って、記録しておく。出かける前にそのアルバムを眺めれば、何となく足りない服や色が判るはず。服を処分したらその画像は消して、買ったら新たに撮影。少し面倒ですが、自分ショップのカタログ作りのようで慣れると楽しいですよ!

これができていると、バーゲンに行って安いからと似たような服を買ってタンスの肥やし・・・結局お得じゃなかったといった事はかなり回避できると思います。お金の貯め方や無駄遣いの回避を考えている方はコチラも参考になります。⇒家計を支える主婦の皆さんへ貯金節約術

2017年9月25日月曜日

初めてキャッシングするときの注意点

誰でも初めてお金を借りるとき、どこで借りればよいかや借りようと思っているカードローン会社は大丈夫かなど不安や心配事がありますよね。借りるときはいいけど返済するとき金利が高くないかとか取り立てがすごいとか悪いイメージしかないのも仕方ないことですが、最近の消費者金融会社ではそんな心配はありません。

キャッシングをと考える前にほかに金策手段がないかを検討することが一番でその手段として、まず家族や知人から借りるという方法もありますが、それはやはり頼みづらいという場合は、カードローンを利用しましょう。

カードローンでは、銀行のカードローンが金利も消費者金融より低いのですが、消費者金融に比べて即日で借りれるというわけにはいかない場合があります。急ぎではないのなら銀行で申し込みをしておくと便利ですが、急ぎでお金を借りたいという場合は、消費者金融でのキャッシングサービスを検討するといいでしょう。

キャッシングをするときは、自分に合った業者や返済金額などを事前に調べることが必要ですが、どうやって調べればよいかまた何を基準にすればよいかなどまた悩んでしまうと思います。比較する項目としては、金利や審査にかかる時間や内容だったり申し込みをする際の流れなど分かりやすく説明されている業者が安心できるといえます。

また、返済するときいくらまでなら毎月返済できるか、返済する場合はどこから振り込めばよいかなども併せて調べておくと延滞することなく返済ができます。大手の消費者金融では、昔のような取り立ては一切行っていないので安心してキャッシングを利用することはできますが、中には違法な業者もあるので申し込みをする際は慎重になることをお勧めします。

おすすめ情報:何としても今すぐお金を借りたい方必見‎!早くて便利な消費者金融

2016年9月12日月曜日

キャッシングはスマホで簡単に申し込めます!

子供は本当にお金がかかります。以前もキャッシングの話をさせてもらいましたが、今回はその借り方について詳しく話したいと思います。

まずお金が急に必要になったときは、消費者金融のキャッシングでお金を借りるという方法が昔からありますが、最近ではインターネットにつなげばすぐに申込む手続きに入れるのでより利便性が高くなりました。

スマートフォンで申込みする人が増えており、申込み方法も簡単ですごく便利です。住んでいる地域の近くに店舗や自動契約機がない場合や、周りに知られてしまうを避けたい方はスマホを使って申込むことをオススメします。

消費者金融会社は色々ありますが、申込みの手続き方法は基本的に一緒です。まず、ホームページに申し込みをすると審査の段階に入ります。その際、運転免許証・健康保険証など本人であると確認できる画像を添付して指定のメールアドレスに送信します。

消費者金融の中には審査に受かるかどうかが簡単にチェックできるサービスもあります。簡単な診断を受ければ結果の目安が分かるので、もし合格したなら実際の審査も通過できる可能性が高いでしょう。審査にかかる時間は大体30分から1時間ほどです。利用方法は後から店舗に行ってカードを受け取るか、あらかじめ口座を指定して振り込んでもらうかが選べます。

借りた際は銀行口座やコンビニのATM等から気軽に返済できます。もし即日で借りたいのなら、午後2時から3時あたりまで受付しているので早めに済ませましょう。

2016年2月11日木曜日

海外のホテルで赤ちゃんと快適に過ごすコツ

海外に赤ちゃんを連れて行くには色々と準備が必要です。
特に滞在先のホテルは自宅のように何もかも揃っていないので、
予め必要なものをチェックして準備しなければなりません。

しかしハワイのように日本人観光客が多い観光地では、
旅行会社のツアーデスクで赤ちゃんグッズを借りれるものもあります。
私もベビーカーをJALパックのツアーデスクで借りて、
ベビーベッドはホテルにリクエストしておきました。

迷ったのが紙オムツを持っていくか現地調達するかですが、
口コミを見ると現地の紙オムツは品質が悪そうだっため、
少し荷物になりましたが持参することにしました。
同じ理由で粉ミルクや離乳食も持参することになり、
最終的に赤ちゃんの荷物だけでスーツケースの半分が埋まりました。

でも現地のものを使ってトラブルが起きたら大変だし、
いつも使っているものを持っていくのが安全だと思います。
他に持って行って役立ったのが大きめのレジャーシート。
ホテルの部屋は土足なのでハイハイさせることができませんが、
レジャーシートを敷けばその上で遊ばすことができます。
ウチの場合は2メートル四方くらいのレジャーシートを持参。
ここでオムツ替えもできたので一石二鳥でした。

2015年11月30日月曜日

赤ちゃん連れの海外旅行を成功させるコツ【機内編】

8ヶ月になる子供を連れて初の海外旅行へ行きました。
これまで何度も海外旅行を経験している私たち夫婦ですが、
子供を連れての旅行は初めての経験。
しかも今回はハワイということでフライト時間が長い!
約8時間半も飛行機の中で過ごすことになるので、
まず「飛行機の中でのグズリ対策」からはじめました。

諸先輩方の体験談やブログを見ると、
飛行機の中で快適に過ごさせるためのポイントは下記の4つ。

・飛行機に乗る前、空港のキッズコーナーで疲れるまで遊ばせる。
・離着陸の時は気圧で耳が痛くたるので、ミルクか授乳をして耳抜きする。
・最前列にあるバシネット席(ベビーベット付きの座席)を確保する。
・子供が初めて見るおもちゃを用意しておく。

とにかく機内ではなるべく寝かせておき、
起きたらおもちゃで誤魔化して再び寝かしつけるのがいい模様。
「そんなにうまく寝てくれるかなぁ」と不安でしたが、
やってみると思いのほか熟睡してくれてラッキー!
機内食もしっかり食べられたし、
映画も2本見ることができました。

でも、バシネット席は確保したものの、
寝かせようとするといつものベッドと違う感じがするのか泣きました。
なので夫婦で交代して抱っこして機内で過ごしました。
でも泣き声で周囲に迷惑を掛けることもなかったし、
まずは子連れでの初フライト大成功としておきます。

2015年8月2日日曜日

困ったときは便利な即日キャッシング

育児って何かとお金が掛かりますよね。
毎日のオムツ代やミルクはもちろん、
子供が成長するにつれて服も買い換えないといけないし、
抱っこ紐やベビーベッドなど必要なものはたくさんあります。

市からもらえる育児手当はわずかだし全然足りません。
とくに季節の変わり目は何かとお金が要るもので、
今月から急に暑くなってきたのでエアコンを使う機会が急増。
今から電気代の請求が怖いです。

普段は給料の中から何とかやりくりしているのですが、
さすがに今月はちょっと厳しそう…。
そんなとき密かに活躍してくれるのがキャッシングです。
昔はキャッシングといえば店舗にわざわざ借りに行くイメージでしたが、
今やカードを使ってコンビニATMでお金を借りれる時代。
申込んだその日に借りれる即日キャッシングもあるので、
「今日中にお金が必要」なんてときにも大活躍なのです。
気になる利息も早めに返済すれば少しで済むので、
お金が必要なときは一度試してみては如何でしょうか。

2015年3月17日火曜日

ハイローベッドって必要?どれがいい?

赤ちゃんを寝かせておくのに便利なハイローベッド。
家事をこなしながら赤ちゃんの世話をするのに便利そうだけど、
値段も結構高いし本当に必要なのか悩むところ。
しかも手動式と電動式があってどっちがいいか迷いますね。

答えから言うとハイローベッドは「あると便利」で、
「手動より電動が絶対いい」となります。
例えば家事をするときソファーに寝かせたり、
ラグマットの上にお布団を敷いて寝かせているとしたら、
ちょっと目を離したスキにソファーから転落したり、
目を覚まして周りにあるものを口に入れてしまう危険があります。
しかしハイローベッドなら赤ちゃんの体をしっかり固定しているため、
目を離しても転落する心配はありません。

次に手動か電動かの判断ですが、
電動を選んだ場合でも最初のうちは赤ちゃんが戸惑い、
思うように寝付いてくれないケースもあります。
しかし次第に赤ちゃんがベッドの揺れに慣れてくると、
電動の揺れですんなり寝付いてくれるようになります。
手動の場合は赤ちゃんにちょうど良い揺れになるよう調節しながら、
パパやママがずっと揺らす必要があるので大変です。

ハイローベッドのメーカーによる差はほとんどありませんが、
代表的なものはネムリラとユラリズムでしょうか。
どちらも機能や価格に差はなく、操作性も似たり寄ったりなので、
デザインの好みで判断されて良いと思います。